Salsa Night 2000
新舞子サルサフェスティバル

Last update: Dec.28/2002 写真集をリニューアル

Salsa Night 2000シリーズ第2弾は2回目となった新舞子サルサフェスティバル。
1回目は、集中豪雨で大変だったが、今度も前日から台風の接近。アワやと思われたが、一転台風一過の上天気となり、集客もKOKOMO新記録を塗り替えて213名となった(その後この記録はクラブイベントであっさりやぶられたが)。
東京から往年の名門リーマンバンドLos Borrachosを迎えてのライブ。我がCDも、Chrisのデビュー、英子・淳子2年ごしの新曲Can't Take My Eyes Off Youメレンゲバージョンなどを揃え、フロント5名の超豪華メンバでの布陣となった。
相変わらず、ハラハラドキドキのステージ内ではあったが、勢いはあったせいか、オープニングアクトにもかかわらず、アンコールまでいただいてしまった。でもねぇ、できる曲はやりつくしちゃったんっですよぉ。しかたがないので、おんなじ曲をやりましたとさ。
Borrachosさんはフロントに抜き弁天さるせいろう関川氏を欠き少しさびしい布陣だったが、なんのその。楽しいプエルトリコサウンドを繰りひろげてくれた。とても日本人とは思えないオセ・ロドリゲス氏の艶っぽいボーカル、チャトミンさんの元気あふれるナンバー分厚いホーンセクション、余裕のリズム隊、いやはや、リーマンバンドのカガミです。格が違うことを痛感した次第。
ところで、今回のBorrachosさんの招聘は、もちろん元メンバであるチェピートのツテで実現したが、来てみてびっくり。BorrachosのTimb川勝氏はなんと、CDのTimb小幡のサークルの後輩であることが判明した。二人とも某大学のギタマン(ギター・マンドリン)部出身らしい。このギタマンクラブのギタマンは実は名前だけで、現在の実態はバリバリのラテン音楽部。
そんなこんなで打ち上げの夜は更けていき、最後は海岸にて花火大会で幕を閉じたのだった(でも、周辺住民としては、ぜひとも音の出ない静かな花火だけにとどめて欲しいですね)。
スバラシいフライヤはココ
写真はこちら。

年月 タイトル 場所 出演 曲目・内容/メンバ
2000年7月8日 Salsa Night 2000
新舞子サルサフェスティバル
知多市 Restaurant & Bar Kokomo Conjunto Domestico Porquete Tengo Que Olvidar/ Desnudate Mujer/ Margarita/ De Nuevo Soy Feliz/ Can't Take My Eyes Off you/ Melao De Can~a/ No Pierdo Las Esperanzas/ Soy Antillano/ Cantando Vivire/ アンコールMelao De Can~a
ボンベリート岡/Chris Pinc/英子/淳子(Canta, Coro)
Hyde丹羽(Canta, Tambola, Coro)
なっちゃん(Conga)、小幡(Timb, Coro)
フリータ山口(Bongo, Guiro)、Maestro野村(Campana, Guiro, Bajo)
水谷ヨシロー(Piano)、マユミ(Piano, Coro)、のだっち(Bajo)
チェピート木内/DJ赤阪(Tp)、井口(Tp, Tb, Coro)、山田(Tb)
Los Borrachos Algo Nuevo/ Yo Se Que Estats/ Dime Que Me Has Hecho/ Esta Tarde Vi Llover/ Quiero Verte/ Maria Cervantes/ Margalita/ Dejame Sonar/En: Faisan
オセ・ロドリゲス/チャトミン(Canta)
飯山 泰介(Conga)、トティーコ大塚(Bongo, Coro)、川勝 伸(Timb)
藤巻まきまき/天神 直樹/辻 和人(Tp)、渡辺 睦/山崎 嘉一(Tb)
太田 智之(BSax)、塚本 正晃(Bajo)、小山 豊(Tres)
岩淵 淳一(Piano)、西澤 純一(Claves)

back