Salsa Night 2000〜夏の日の終わりに〜
やまもときょうこTitileoツアー

Last update: Oct. 12/2000
KOKOMOは年1回でしょう、と言った舌の根も乾かないうちのKOKOMO。
しょうがないでしょう、ハコが見つからなかったんだから。
チェベレ来名のラブコールを送っていたイトブーさんから、最初に話があったのは、新舞子フェス仕込みの時期。そのあたりの日程で名古屋近辺によれそうとのこと。だが、このとき既にボラーチョスで新舞子フェスが確定しており、お流れとなった。
9月日程でしきりなおしとなったが、今度はツアーの中での日程で、これまた、調整は難航。そうこうしているうちにハコも埋まってきて、ついにできるハコがない!万事急須じゃない窮す。
苦渋の選択のKOKOMO開催となった。
そこへ、直前の集中豪雨。クレストンでの営業後、正式加入となったTp海保さんもすべての音楽活動をキャンセルしてお仕事(ゴミ集めです)をしなければならないような被害。水害後、日曜、新舞子の3重苦の中。そして、前週サルデコに引き続いてのライブと異例続き。前売りは売れていない。今までにない事態となった。
結果、集客は80名。悪条件の中、まぁまぁというべきか。今までがミラクルなだけだったか。常連のお客様には大変感謝しております。ハイm(_ _)m
我々CDの演奏も、ライブ続きでまとまっては来ているが、課題も多く噴出した。
やまきょうバンドの演奏は、やはり素晴らしかった。特に相川さん。TbにCoroに小物に大活躍。奥山さんの美しいピアノなど、聞き物を上げれば切りがないが、それらを従えて君臨するやまきょうさんの存在感。やはりただものではない。スキヤキソングが、あんなに素晴らしいラテンナンバーになるとは!チャチャのボデゲーロも楽しく、私HydeはずっとGuiroをこすっておりました^^;)Day-O(バナナボート)、終わった後の「バナーナ」がなぜか沖縄調に聞こえたのは気のせいでしょうか?
アンコールは我々CDのメンバも加わってFASバージョンのBamboleoでデスカルガ大会となった。
サルサではない曲も多く、お客サンも最初は惑っていた感もあったが、後半はノリノリで、アンコールにはやはりお立台ギャル出現となった次第。
打上げもまた、日曜の夜というのに盛りあがった。翌日の大阪は大丈夫だったのだろうか。
スバラシいDMはココ
写真はこちら。

年月 タイトル 場所 出演 曲目・内容/メンバ
2000年9月24日 Salsa Night 2000〜夏の日の終わりに〜
やまもときょうこTitileoツアー
知多市 Restaurant & Bar Kokomo Conjunto Domestico Porquete Tengo Que Olvidar/ Desnudate Mujer/ Margarita/ De Nuevo Soy Feliz/ Can't Take My Eyes Off You/ No Pierdo Las Esperanzas/ Melao De Can~a/ Soy Antillano/ Cantando Vivire
ボンベリート岡/英子/淳子(Canta, Coro)
あかり(coro)、Hyde丹羽(Canta, Tambola, Coro)
なっちゃん(Conga)、小幡(Timb)
マルガリート山口(Bongo)
Maestro野村(Bajo)、水谷ヨシロー/マユミ(Piano)
チェピート木内/ビートビート辻田(Tp)、
井口(Tb, Coro)、山田君(Tb)
Guest: スーサン陶山(Bajo)、ゆみさん(Guiro)
やまもときょうこ Mi vida es la luz/ Ueo muite arukou!/ Oiga/ 夕日/ Day-O/ El bodeguiero/ 裏切り者のテーマ/ Dime que me quieres/ Mi ultimo amor/ encore: Bamboleo
やまもときょうこ(Canta)、大野孝(Ds)、
山北健一(Conga, Jambe)、
伊藤寛康(Bajo, Coro)、奥山勝(Kb, Piano)、
伊丹雅博(Guitar)、中尾竜一(Tp)、
相川等(Tb, Coro)、大堰邦郎(Sax)

back