Salsa Night 2002
大須サルサフェスティバル

Last update: Dec. 24/2002
4回目となるはずだった新舞子サルサフェスティバル。
しかし2002年は事情がちがった。例年のように3月中ごろにKOKOMOへ相談にいくが、 社長がつかまらない。20日過ぎにようやく電話で捕まえて日程概略を伝えるも、その後詳細 打ち合わせをしようにもやはりつかまらない。そうこうするうち、3/28突然の閉店宣言。
「実は3月いっぱいで閉店することになりまして」とバイト君。彼もきっと今日きいたんだろうな。
すでに対バンのSalsonesesさんには例年より一月はやい6月初旬の日程を押さえてもらったあと。 さぁ、これからが苦難の始まりではあった。
会場探しに奔走する毎日。例によってすでに主要ライブハウスは埋まっている。
半田にあるSeaShellはどうかという話も出たが、結局、 SalsaHeroマツダさんの伝で大須のEMSに決定した。
短い準備期間、ワールドカップ真っ最中という日程。初めての街中イベント。 PAも例年の方にはお願いできず。経費面も苦しい。 悪条件ともいえるものが重なり心配はあおられる。
折も折り長年不動だったTimbal小幡がついに参加できなくなってしまったこと、 新婚ミタムラーノはバンドどころではなくなってしまう、 直前にHydeが風邪をひき喉をつぶしてしまう、 Toniさんはギャラがなければうたわないと言い出す、 とにかく当日までトラブル続出のライブイベントとなった。
さて、当日。
毎年梅雨時で天気が心配だが、今年は例年より一月早くしたので梅雨前の暑い中での 開催となった。
集客はといえば、昨年夏のチェベレ完全版なみ116名にとどまった。やはり、事前準備期間が 短いことが、原因か?場所がいまいちつかみにくいのか?やはりリゾートでの開催とは 比べられないか?おいおい分析していく必要はありそう。
今年の大須フェスでは東京から Salsonesesを迎えてHeavyなサウンドでKOKOMOに比べても踊りやすい空間でガンガン 踊ってもらうという趣向。しかも街中開催。ライブがはねたあとは、各Salsa場へ散って いただこうというしかけ。Macondoさんからは半券での割引提供もあった。
我がCDは、新曲1曲を仕込み、ベテランペルアーノカンタンテToniさんをフロントに 直前で休団となったTimbalをNueva GenteのCOCOさんに助けていただいての布陣となった。
新曲は一般では初公開のサルサ版セロリ。5月5日にはミタムラーノカンタンテだったが今回欠席 のため急遽Hydeのカンタとなった。実はHydeは本番を前に大風邪をひいてしまい完全にぶっ壊れた 喉で臨んでしまった。反省すること仕切り。お客様、申し訳ありません。メンバとしてのToniさんは これが最後だが、さすがプロフェッショナルな歌手だった。この日Melao De Can~a1曲しか Pianoをひかなかった水谷ヨシローによれば、「リズムがしまっていてよかった」そうである。
じゃぁ、いつもはブヨブヨなんだな。
2ndステージはSalsonesesの登場。新舞子フェス99でおなじみになったJUNさんのMCで テンポよくすすめられていく。
おなじみのナンバーあり。アレンジ物あり。
途中こちらもSmapナンバの登場で冷や汗 だったが、らいおんハート。すばらしいアレンジでした。
みれば、あちらでもこちらでも踊ってる。初心者レッスンで覚えたて?って感じの方も楽しそう。
アンコールは2回。最後は我々Domesticoも呼んで頂いてのデスカルガ。チェピートと 山口君ががんばりました。私も久しぶりにConga叩かせてもらって。ソロ回ってきたかと 思ったらほんのちょっとで切られちゃいましたけど^^;)。
集客的、採算的にはちょっと不満足なライブでしたが、踊るには場所がよくお客様には 満足いただけたのではないかと思う次第。テーブルを多めにしたり、多少せまめな会場設定も 集客数にはマッチしていたのではないでしょうか?
なお、当日は非常に懐かしい来場者をお迎えした。
オリジナルのレロライ倶楽部会長エクトール野口夫妻。元?PresenciaLatinaのマキちゃん。 そして休団中の英子。
一角ではさながら同窓会の様相ではあった。
野口さんいかがでしたか?これが今の21世紀Domesticoです。
来年はレロライ倶楽部20周年です。何かやりましょうよ!

いつもスバラシいフライヤはココ
写真はこちら 。

年月 タイトル 場所 出演 曲目・内容/メンバ
2002年6月8日 Salsa Night 2002
夏はまだか!
大須サルサフェスティバルVol/3
名古屋・大須 Bar EMS3 Conjunto Domestico Porquete Tengo Que Olvidar/ Soy Antillano/ Amor Entre Tres/ Ven Ven/
セロリ/ Desnudate Mujer/ El Cuarto De Tula/ Melao De Can~a/ Cantando Vivire
淳子(Coro)、あかり(Coro, T-sax)、Toni(Canta, Coro)
Hyde丹羽(Canta, Coro, Tres)
なっちゃん(Conga)、マルガリート山口(Bongo)
Maestro野村(Bajo)、マユミ(Piano, Coro)、水谷ヨシロー(Piano)
チェピート木内/ビートビート辻田(Tp)、井口(Tb, Tp, Coro)
Special Guest: COCO(Timbales)
Salsoneses Come on 買いもん/ Lagrimas Negras/ Anacaona/ Pasaporte Latino Americano/
らいおんハート/ Moliendo Cafe/ Just the Two of Us
EC: No Vale La Pena/ El Son de La Madrugada/ Esta Si Va(Descarga)
丸山 純/栗原晴美(Canta)、金山 徹_(Sax, Percussion, Coro)
有馬 勲(Conga)、ペペ福本(Timbales)、太宰百合(Piano)、えがわとぶお(Bass)
五反田靖(Tp)、遠山拓志(Tp, Coro)、
野村裕幸(Tb)、忍田耕一(Tb, Coro)

back