名古屋サルサ歴史館
レロライ倶楽部


東海サルサ歴史館第1回はやはりレロライ倶楽部の誕生でしょう。 レロライ倶楽部より前には、東海地方でサルサのまとまった動きは無かった ようです。(そんなことはないぞという貴方、せひワタシに教えてください)

<黎明>
1983年6月、Hyde丹羽が出したラティーナの「東海地区にもサルサオルケスタ を」という募集記事に呼応して、2人から連絡が入る。ただし、ミュージシャ ンはわずかにマエストロ小栗師匠ただ一人。もう一人は、なぞのひげ男=レ ロライ倶楽部会長となるエクトール野口氏。エクトル氏、小栗氏ともに岐阜在 住のため、岐阜は長良橋(だったか金華橋だったか?)の袂で会う。この時ま だ車を持っていなかったHydeは、前年秋の某TV局の面接で再会(ちなみに二人 とも落ちました^^;)した横井に車を出させて同行。この4人に当時岐阜は柳ケ瀬 でサルサバー?「ウキウキ」をやっていた本職グラフィックデザイナの西脇氏 を加えたメンバで翌月東海サルサ振興会「レロライ倶楽部」を旗揚げする。

レロライ倶楽部としては、月一回の例会のほか会報「Lelolai」の発行、Our Latin Thingやサルサビデオの上映会、大阪のサルサバンド 「Salsa El Primero」を呼んでのLiveの企画など、振興会として活発に活動。 でも2年ぐらいで息切れする。
一方、例会の中でパーカッションセッションとしてスタートしたバンド構想は 、Vo&KBのアルベルトの加入により、徐々にバンドになっていく。
(以上 Conjunto Domestico Profileから)

レロライ倶楽部は、東海サルサ振興会と名乗っていました。
会長にエクトール野口氏、その他、小栗氏、ウキウキのマスター西脇氏、横井に 私Hyde丹羽が発足メンバだった。2回目の例会に、これまた、謎のお笑い研究家 リーマン永田氏が登場する。3回目ぐらいまではウキウキで例会をやっていた。
例会というのは、月に一回テーマを決めてレコードを持って集まって皆で聞こ うというもので、その後、小栗さんと横井とワタシでパーカッションのセッシ ョンをする、というものだった。
アルベルトやCDのTimbal小幡が登場するのは、秋以降で会場もWindyに移ってい たと記憶している。他に大垣の50ぐらいのおじさんがいたり、若くて調子のい いリーマン君などさまざまな人が訪れては去っていった。
この間、かの有名な?Fania映画「Our Latin Thing」の上映会を岐阜の御浪町 ホールにて敢行。大阪のトロピカル音楽愛好会とも交流があり、彼らの「トロ ピカル通信(トロ通)」のページをLelolaiで誌面ジャックするなどの企画も あった。
発足翌年には、新岐阜駅前サンホールにて「トロピカルだぜ!サルサナイト」 を企画。大阪からSalsa El Primeroというサルサバンドを招聘して100名ぐらい の集客があったと記憶している。
また、名古屋へも進出。今池にあった現Tokuzouのオーナ森田さんが店長だった オープンハウスにて、「Our Latin Thing」Videoの上映会や、TH系ライブVideo の上映会などを敢行した。
1985年には、恐らく名古屋で初めてになったはずのライブ「トロピカルだぜサ ルサナイト'85」を今はないGrateful Yuccaにて企画主催。またもSalsa El Primeroを招聘し、ちょうど100名の集客だった。
当時は、サルサをどうやって踊ったらいいのかという情報もなく、ダンスに関 しては、新婚旅行?でニューヨーク〜プエルトリコに行ったというエクトール 野口夫妻のダンスが見本だったりした。
そのほか京都、大阪へのレコード買いツアーやライブを見に行くぞツアーなど 良く遊んだが1986ごろになると例会もマンネリになり、イベント中心で行こう と決めたのはよかったが、その年になってSalsa El Primeroが解散。名古屋で 企画していたライブイベントも頓挫し、その後、2度とイベントを企画すること はなかった。

今年のSalsa Night 2000には勝手ながら一部で「主催:レロライ倶楽部」を使 っている。ぴあに登録するための便宜的な団体名として使用したのだが、密か に復活を策謀していたりする^^)。

(レロライ〜名古屋サルサ通信〜 #0001 2000/08/04から)

Back to Hyde's Home