名古屋サルサ歴史館
ペルアーノ・パワー


東海サルサ歴史館第7回は、名古屋のサルサシーンを語る上で欠かすことの出 来ないペルアーノ達に焦点を当ててみる。といっても、さほど詳しいことを知 っているわけではないので、ご容赦願いたい。思い違い、間違いなどがあった らどんどん指摘して欲しい。速やかに訂正します。

☆出稼ぎラティーノ達とエルサ畠田

90年代初頭、まだまだバブリーな日本を目指して、大量の日系ラティーノが出 稼ぎにやってきていた。特に、ブラジルとペルーからの出稼ぎ者は多く、今で も在日ラティーノの大多数を占める。東海地区でも、やはりペルアーノとブラ ジリアーノは多く、すでに彼らのコミュニティが築かれていた。ラティーノ、 特にペルアーノやコロンビアーノのコミュニティでは、盛んにサルサパーティ が開かれているが、それらは、お国の例にならって、ほとんどが夜中のスター トであった。
そんな中1991年にペルーから一人のダンサーが来日する。日系3世のエルサ畠 田である。
エルサは来日翌年の92年、Orquesta De La Luz主催のダンスコンテストで2位 だか3位だかの入賞を果たす。来日から岐阜に在住だったエルサの活動は、前 後してわがレロライ倶楽部会長のエクトール野口氏などの岐阜のラテン系若旦 那衆の目にとまり、その助けもあって翌年93年には、岐阜市内の丸昌スポーツ 2Fにててダンススク一ルを開講。ここから東海地区のSalsaダンスの歴史が始 まったといっても過言ではない。その後東海地区を中心に各地にダンススクー ルを開講。のちに来日したキューバ人エルメスと並んで東海地区のサルサダン スの双璧をなす一大勢力となっている。

☆Somos Latinos

ラティーノコミュニティで開かれるパーティに欠かせないのがラティーノのサ ルサバンドである。その核となっていくのが、Somos Latinosだった。
Somosは 当初はギターがいたりしたラテンロック風のサウンドで、大須祭りに出演して いたりしたこともあったが、すぐにフル編成のサルサバンドとして成り立って 行く。メンバの大半はペルアーノだったが、一部日本人もいた。他にもあった ペルアーノバンドを吸収しつつ、尾張地方を中心としたペルアーノコミュニテ ィのパーティを中心に活動していた(らしい)。
1995年当時は、カンタンテと して、現Salsa SwingozaのLuckyさんことPablo Castilloが加入していた。当時 からLuckyさんは関東在住であったが、Somosのライブに通っていたとのことで ある。95年12月にエルサの伝でいただいたConj.Domesticoのクリスマス営業の 折りに乱入し、Todos Vuelvenを唄った。その後、Somosは活動の拠点を関東に 移したと聞いているが、そのまま存続しているのかどうかは、定かではない。 東海地区にいるメンバで、昨年ぐらいから、CongaのCocoさんを中心に、また ペルアーノバンドが結成され、活動を開始している。

(レロライ〜名古屋サルサ通信〜 0007 2000/11/07から)

Back to Hyde's Home